不妊で悩んでいませんか?

MENU

2017年06月19日
不妊治療と人工授精を更新しました。
2017年06月19日
安心して不妊治療をうけるにはを更新しました。
2017年06月19日
不妊に関する事を更新しました。
2017年06月19日
不妊の原因多嚢胞性卵巣を更新しました。

不妊の人が漢方を処方してもらうには

カップルとハート

漢方薬には、その人がもつ体質やホルモンのバランスを整える効果があるので不妊に対しても有効だと言われています。不妊治療を行う際も長期にわたって飲み続けることが必要ですが、効果に即効性があるものではないので不安に思う事もあるかもしれません。
漢方薬を始めるためには、3つの方法があります。東洋医学を専門に学んだ薬剤師が、カウンセリングによって、不妊悩む一人一人に応じて必要な漢方を見極め、必要に応じていくつかの漢方を調合してくれる、漢方薬局による処方がその一つです。ただし、カウンセリングが合っているのか、的確なのか見極めも難しく、医療保険もきかないので高額です。
おすすめなのは、漢方専門外来をもつ病院です。現在では東洋医学が見直され、漢方薬を専門に扱う病院もあります。医療保険が適用されるので、比較的安価に試すことができます。病院で処方してもらうメリットとして大きいのは、検査ができることです。貧血や中性脂肪などの血液データなどを比較することができるので、効果を感じることもでき、また、違う漢方を試す目安にもなるからです。
ただし、保険が適応になる漢方薬で効果がみられない場合は、保険のきかない生薬などを薦められることもあります。ドラッグストアでも安価に購入することができますが、自分の体調を知り、何を改善したいのかを自分で見極める必要があります。安価な分漢方薬の成分が少ないので、人によっては効果があるかもしれないし、効果が感じられないかは分かりません。

不妊対策に漢方がおすすめです

結婚生活が長いのに、なかなか赤ちゃんができないと悩んでいる人は多いでしょう。仕事をつづけながらの妊活は、ご主人とのタイミングが合わなかったり、職場の人間関係のストレスがあったりして大変かもしれません。そんな不妊対策におすすめなのが漢方です。
不妊の原因は年齢的なものもありますし、とても複雑です。不妊治療には西洋医療でホルモンを投与して排卵をうながすなどの方法がありますが、それでも赤ちゃんができない場合、または原因が分からない、治療方法がないという時には、漢方療法を併用するといいでしょう。
漢方療法では血液や気の流れを良くし、妊娠しやすい体を作っていきます。自分がどんな体質なのかをチェックし、その体質にあった漢方薬を飲むので、体の調子がよくなります。風邪薬のようにすぐに症状が改善したり、体質が変化するわけではないのですが、ゆっくりといい状態になっていきます。排卵がおこりやすい体の状態になるので、赤ちゃんができやすくなります。
また、子宮をあたためるということも大切なので、ストレスをためないようにすること、アルコールを控えるようにすること、睡眠をたっぷりとることなど、日ごろの健康状態を良好に保つという努力も怠らないようにしましょう。

不妊治療における漢方薬の役割とは

現在の日本の医療では、原因に対する治療を行う西洋医学がベースになっています。漢方薬は、東洋医学の一つで、身体そのものの不調を整え、身体を健康に整えることを目的としているため、病気そのものに直接作用するものではありません。身体を健康に整えることで、西洋医学の治療の効果が上がりやすい、いわば健康な体のベースをつくるためのものだと考えられます。
不妊治療をしている人を例にあげると、子宮筋腫などの病名がつく場合や、卵巣狭窄などの機能的な異常を指摘されている場合は、漢方薬だけでは改善できません。婦人科での治療がベースとなり、投薬や手術などが必要だからです。この場合の漢方薬の位置づけは、治療をよりスムーズに、手術前後の体調を整え、治癒力を向上させるための手助けをする存在になります。機能的な異常や原因疾患がないのに不妊である場合、生理周期の乱れや、代謝不良による低体温などが不妊につながっていることがあります。
この場合は、漢方薬による体質改善が大きな効果をもたらすことがあるのです。さらに言えば、不妊に悩んでいる人には、そのような自覚症状もないため、不妊の原因が分からない人も多くいます。何らかの身体の機能の低下があることで、妊娠しにくいことが考えられる場合、漢方薬によって妊娠しやすい環境に整え、土台をつくる意味で漢方薬の存在は心強いものだといえます。

不妊かなと思ったらまず漢方を飲んでみましょう

結婚して2年が経ち、妊娠を望んでいるのになかなか授からない状態になれば、不妊を考えなければいけません。生理不順や、ストレスからきている場合もありますが、病院で高い不妊治療に入る前に、まずは漢方を飲んでみることをおすすめします。漢方は薬ではないので身体に優しく、女性のホルモンバランスからストレス、冷え性改善など、さまざま効果が期待出来るのです。また、不妊は女性側だけではなく、夫婦で考えるべきことですので、男性側にも漢方治療はおススメです。たとえば、精子を濃くする漢方などが人気です。元気な精子を作ることができれば、受精する確率があがります。 漢方なんて気休めでしょ?なんて思われがちなのですが、漢方のパワーを甘くみていてはいけません。実際、漢方を飲み続けた結果、妊娠し、出産まで迎えることができた方はたくさんいらっしゃいます。産婦人科で、高額で精神的にも辛く痛い治療を始める前に、まずは自分の体内改善を目指すためにも、漢方専門店に足を運び、先生に相談すると良いでしょう。夫婦でしっかりと前向きに向き合っていけば、神様が赤ちゃんをきっと授けてくれることでしょう。ストレスは一番禁物ですので、ゆったりとした気持ちで治療したいものです。